金融機関コード:0129

ホーム > ふやす > 少額投資非課税制度 NISA(ニーサ)

少額投資非課税制度 NISA(ニーサ)

家族あわせて年間非課税投資枠480
万円 ※祖父母、父母、子ども二人の例


NISA(一般NISA) NISA(一般NISA) ジュニアNISA つみたてNISA つみたてNISA ジュニアNISA

NISA(一般NISA) (対象年齢:20歳以上のお客さま)

「NISA(一般NISA)」とは、2014年からはじまった「少額投資非課税制度」で、最大600万円の投資枠から得られた利益に対して、税金が非課税になる制度です。

こんなお客さまに

・将来に向けた資産形成を考えたい

・コツコツ積み立てで運用もしたいけど、まとまったお金でも運用したい

NISA(一般NISA)について詳しくはこちら

つみたてNISA (対象年齢:20歳以上のお客さま)

「つみたてNISA」とは、2018年1月からはじまる新たな「少額投資非課税制度」です。
「積立投資」で新規に購入した年間40万円までの「一定の条件を満たす公募株式投信・ETF」から生じる配当金や売買益等が非課税となります。

※足利銀行では、ETF(上場株式投資信託)は取扱っておりません。

こんなお客さまに

・はじめてなので毎月コツコツ少額から積み立てたい

・相場の上げ下げを気にせず、長期で資産形成したい

NISAについて詳しくはこちら

ジュニアNISA (対象年齢:0歳〜19歳のお客さま)

「ジュニアNISA」とは、未成年者向けの「少額投資非課税制度」で、日本にお住まいで0歳から19歳の未成年者が利用できます。

こんなお客さまに

・こどものために少しでも増やしておきたい

・将来かかるこどもの教育資金づくりを考えたい

NISAについて詳しくはこちら


各種NISA(少額投資非課税制度)の比較

制度名 NISA(一般NISA) つみたてNISA ジュニアNISA
年齢制限 20歳以上 20歳未満
非課税期間 最長5年 投資した年から
最長20年間
最長5年
5年間の非課税期間終了後、翌年の非課税枠を利用すれば、実質最長10年間の非課税運用が可能(口座開設ができるのは現状2023年まで) 5年間の非課税期間終了後、翌年の非課税枠を利用すれば、実質最長10年間の非課税運用が可能(口座開設ができるのは現状2023年まで)
「NISA」と「つみたてNISA」の併用不可 ・ジュニアNISAの口座開設期間終了後は継続管理勘定に資産を移管することで、20歳になるまで非課税での継続保有が可能。
・20歳以降はNISAへ移管が可能。
運用商品 公募株式投信、上場株式、上場REITなど(預貯金、債券は不可)(注1) 長期の積立、分散投資に適した一定の商品 公募株式投信、上場株式、上場REITなど(預貯金、債券は不可)(注1)
運用商品の変更 売却時に非課税枠(購入時に使用した非課税枠)が消滅
お金の引出し いつでも可能 原則18歳まで不可
投資
上限額
年間 120万円 40万円 80万円
累積 5年間で600万円 20年間で800万円 5年間で400万円
税制
優遇等
拠出時 なし
運用時 運用益非課税(損益通算不可)
払出時 なし

(注1)足利銀行では、「公募株式投信」のみの取扱いとなります。

※「NISA(一般NISA)」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の記載内容は、当資料作成時点の制度概要であり、今後変更される可能性があります。


「NISA(一般NISA)」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の制度概要早見表(PDF版)はこちら

別ウィンドウでPDFファイルが開きます。 各種NISA(少額投資非課税制度)の比較


リスクや手数料についてはこちら

お問い合わせ

0120-21-6556
平日9:00〜18:00
※銀行休業日は除く

店舗・ATM検索