金融機関コード:0129

ホーム > ふやす > 為替特約付外貨定期預金

為替特約付外貨定期預金

より効率的な資産運用をお探しではありませんか?低金利時代における資産運用の新しい選択肢「為替特約付外貨定期預金」の登場です。

為替特約付外貨定期預金とは

外貨定期預金に「円転に関する特約(「円転特約」)」を組み合わせることにより、為替変動リスクを一定の円高範囲内(「特約幅」)で回避しつつ、円貨ベースでのより有利な利回りを目指す商品です。ただし、一定範囲以上の円高となった場合には米ドルで元利金をお受取りいただきます。
判定日為替相場(満期日2営業日前の午後3時の為替相場)が判定相場以上(同値を含みます)の円高の場合は、満期日に元利金を外貨で払戻しいたします。判定日為替相場が判定相場より円安の場合は、満期日に元利金を預入日仲値(円転特約相場)で換算のうえ、円貨で払戻しいたします。

お客さまとお約束した円高範囲であれば 円でお預入れ(元金)→米ドルで運用→円でお受取り(元金+利息)

為替変動リスクを軽減!【円転特約】が安心の決め手です。

円転特約が安心の決め手です。
為替特約付外貨定期預金の要となるのが「円転特約」です。
これは、お預入れ時の為替相場(預入時相場)を「円転特約相場」とし、満期日2営業日前(判定日)の為替相場が一定の円高範囲内であれば、満期日に米ドル元利金を「円転特約相場」にて円貨に交換してお受取りいただけます。

※判定日の為替相場※1が、預入日に決定した「判定相場」と同値かそれ以上の円高になった場合には、満期日の米ドル元利金は円転せず米ドルのままお受取りいただきます。

※1 満期日2営業日前東京時間午後3時の米ドル為替相場については、為替情報端末等(ロイターTKFE画面等)により確認ができ、かつ、当行が市場慣行に基づき市場において取引可能な相場を基準とします。

こんな方にこそおススメします!【余裕資金のより効率的な運用方法をお探しの方】【高い金利は魅力だけどリスクが心配…という方】【しばらくは大幅な円高に進むことはないとお考えの方】

お取引きの仕組みと流れ

お取引きの仕組みと流れイメージ (crick)拡大して見る

お預入条件のご案内

現在募集はしておりません

 過去の募集条件および判定結果一覧 PDF

用語解説

預入時相場

お客さまからお預かりした円を、米ドルに交換する際の為替相場のことです。

円転

米ドルから円に交換することをいいます。

円転特約相場

満期日に円貨にて払戻す際の為替相場のことで、預入時相場と同一となります。一定の円高範囲内であれば、常にこの相場で円転されます。

為替変動リスク

為替相場が変動することで、為替差損が発生する危険性を指します。

判定相場

満期日の元利金の払戻し方法を決める為の為替相場のことです。お預入時に、預入時相場に応じて決められます。

判定日

満期日の2営業日前を判定日とし、判定日の為替相場※1が、判定相場より円安の場合は円転特約相場で円転し、判定相場と同値かそれ以上の円高の場合は米ドルでのお支払いとなります。

為替差益

円を米ドルに換えた時よりも、円に戻す時の為替相場が円安の場合に得られる利益のことです。

為替差損

円を米ドルに換えた時よりも、円に戻す時の為替相場が円高の場合に生じる損失のことです。

「為替特約付外貨定期預金」の商品概要

【お取扱い通貨】米ドル 【お預入れ金額】5千米ドル以上 【お預入れ期間】1〜6ヵ月(募集時に決定します) 【適用金利】募集時に決定します。 【特約幅】募集時に決定します。

ご利用いただける方 個人(原則20歳以上の方)および法人のお客さま
預け入れ 預入期間 1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月・自動解約扱いとなります。自動継続はお取扱いしておりません。
預入方法
  • 円貨にてお預入れいただけます。
  • お預入れは「募集方式」(注)によりお受けいたします。

(注)あらかじめ募集期間を設定し、その期間内に所定の書類によりお預入れの申込を頂いたものについて、募集期間最終日の2営業日後を預入日としてお取扱いいたします。

預入金額 5千通貨単位以上
預入単位 1補助通貨単位
払戻方法 満期日に一括して払い戻しいたします。
満期日にご指定の預金口座に円もしくは米ドルで入金します。
利息 適用金利 市場金利の動向等に基づき、お預入金額および期間に応じて、当行所定の金利を満期日まで適用いたします。お預入時の 適用金利については、お取引店までお問い合わせください。
利払方法 満期日に一括してお支払いいたします。
計算方法 付利単位を1通貨単位とした1年を365日とする日割計算(補助通貨未満切り捨て)
利子課税 個人のお客さまの場合は源泉分離課税(国税15.315%および地方税5%、合計20.315%)となります。なお、マル優はご利用できません。法人のお客さまの場合は総合課税(国税15.315%のみ)となります。
税金 為替差益 雑所得として確定申告による総合課税となります。ただし、年収2,000万円以下の給与所得者の方で、為替差益を含めた 給与所得以外の所得が年間20万円以下の場合は申告不要です。
為替差損 他の黒字の雑所得から控除することができます。
詳しくは、お客さまご自身で公認会計士・税理士にご相談ください。
中途解約のお取り扱い お取扱いいたしません。
ただし、当行がやむを得ないものと認めて中途解約する場合には、お預入日以降の解約日までの金利は、解約日における当該通貨の普通預金金利が適用となります。また、中途解約に伴う損害金をお支払いいただきます。
お申込時の注意点
  • この預金については通帳および証書は発行しません。お取引の明細については、預入後または解約後に郵送にてご通知します。
  • この預金の支払通貨が円に確定した場合、円転特約相場以上の円安メリットは放棄することになります。
  • お取引き条件は市場環境により変動します。市場環境によりお取引き条件は刻々と変動しますので、実際にお申込をいただく際にはお取引き条件をご確認ください。
  • 市場環境や募集状況等によっては募集を中止する場合がございます。
  • お申込みを取り消される場合は、募集期間中にお申し出ください。募集期間最終日の翌営業日から預入日までの期間においてお申込みの取消しはできません。この期間中の取消しは損害金をお支払いいただきます。
取扱店 本支店(一部お取扱いできない店舗がございます)
預金保険 預金保険の対象外です。
クーリング・オフ 本取引は、金融商品取引法第37条の6の規定(書面による解除)の適用はありません。
相談・苦情等受付窓口 足利銀行お客さま相談室 028-622-0111
当行が契約している
指定紛争解決機関
一般社団法人全国銀行協会
連絡先 全国銀行協会相談室 0570-017109 または 03-5252-3772
当行が対象事業者となっている認定投資者保護団体 ございません。

●お申込の際は、最新の「契約締結前交付書面」をお渡ししますので、内容を十分お読みのうえ、ご自身でご判断ください。「契約締結前交付書面」は、足利銀行の本支店の店頭にご用意しております。

●当行では、お客さまに合った商品をご提案しております。ご相談内容によりましては、ご購入いただけない場合もございますので、予めご了承ください。

諸手数料および適用相場

  お預入れ・
お引出し方法
手数料等
お預入れ 円預金からのお振替 手数料はございません。預入日仲値により円を外貨に交換します。
お引出し 円の現金でのお引出し
円預金へのお振替

〔円償還となり、ご指定の円預金口座からのお引出しの場合〕

手数料はございません。

〔外貨償還となり、ご指定の外貨預金口座からのお引出しの場合〕

当日のTTB(対顧客電信買相場)を適用します。TTB(対顧客電信買相場)には、為替手数料として1米ドルにつき1円が含まれています。(お取引き額や市場実勢相場の動向により店頭表示のものと異なるTTBを適用させていただくことがあります)

外貨現金でのお引出し

〔外貨償還となり、ご指定の外貨預金口座からお引出しの場合〕

1米ドルにつき2円の手数料をお支払いいただきます。

※外貨現金によりお引出しされる場合は、3営業日前までにお取引き店までご連絡ください。

リスクや手数料についてはこちら

お問い合わせ

0120-21-6556
平日9:00〜18:00
※銀行休業日は除く

店舗・ATM検索