金融機関コード:0129

ホーム > 法人のお客さま > 効率化サポート > 一括決済サービス

一括決済サービス

「一括ファクタリングサービス」と「債務引受型一括決済サービス」は、支払手形に代わる電子決済サービスです。具体的には、仕入先が支払企業に対して有する売掛債権(支払企業側からは買掛債務)を当行が買取り(あるいは債務を引受け)、従来の手形期日に仕入先の指定する口座へ振込みを行うサービスです。手形割引のように期日前に資金化することも可能です(この場合は期日までの金利を差引いた金額でご希望の日にお振込みいたします)。

カンタンべんり!売掛先が変わりません。

手形の集金訪問がなくなるため取引銀行に出向く必要もありません。また、領収書の印紙税・取立手数料が不要になります。さらに売掛先もそのまま(債務引受型)で、資金化の手続きもカンタン。会計処理の変更も不要です。

一部の金額での割引が可能。資金化コストも削減。

手形割引では額面全額のみだった割引も、債権金額の範囲内であれば必要な金額だけ可能となります。さらに通常より有利な割引料率が適用されます。

手形紛失・盗難リスクがなくなります。

仕入先で自由に資金の受取銀行を指定することができるため、新たに取引銀行を増やす必要はなく、手形紛失などのリスクもございません。

資金調達が多様化します。

貴社の銀行借入枠を利用せずに資金調達が可能となります。

サービスの比較

【比較一覧】
  一括ファクタリング 債務引受型一括決済
法律構成 指名債権譲渡 併存的債務引受
契約形態 支払企業、仕入先、当行の三者間で一括ファクタリング契約を締結。仕入先が貴社に有する売掛債権を当行が買い取ります。 支払企業、仕入先、当行の三者間で併存的債務引受契約を締結。仕入先に対して負う買掛債務を当行が支払企業とともに連帯債務者として加わり債務を引受します。
確定日付取得 有(第三者対抗要件具備)
基本契約書印紙代 4,000円 200円

一括ファクタリングサービス

仕入先が、支払企業に対して有する売掛債権を当行が一括して買取り、従来の手形期日に仕入先の口座にお振込を行うサービスです。また、従来の手形割引のように期日前に資金化を行う場合には、期日までの金利を差し引いた金額でご希望の日に振込させていただくことも可能です。

債務引受型一括決済サービス

支払企業が仕入先に対して負う買掛債務を、当行が併存的に債務引受し、従来の手形期日に貴社の指定する口座に振込を行うサービスです。また、従来の手形割引のように期日前に資金化を行う場合には、期日までの金利を差し引いた金額でご希望の日にお振込させていただくことも可能です。「併存的債務引受」とは、債務者である支払企業様とともに債務引受をする当行が連帯債務者として加わり、代金のお支払いを行うものです。

店舗・ATM検索