金融機関コード:0129

ホーム > 法人のお客さま > 効率化サポート > 一括決済サービス > 債務引受型一括決済サービス

債務引受型一括決済サービス

支払企業が仕入先に対して負う買掛債務を、当行が併存的に債務引受し、従来の手形期日に貴社の指定する口座に振込を行うサービスです。また、従来の手形割引のように期日前に資金化を行う場合には、期日までの金利を差し引いた金額でご希望の日にお振込させていただくことも可能です。「併存的債務引受」とは、債務者である支払企業様とともに債務引受をする当行が連帯債務者として加わり、代金のお支払いを行うものです。

債務引受型一括決済サービスのしくみ

債務引受型一括決済サービスのしくみ

【サービスのしくみ】
1 支払企業・仕入先および当行の三者間で債務引受型一括決済サービスの基本契約を締結します。
2 納品・代金請求の手続きについては、従来どおり変更ございません。
3 支払企業は「併存的債務引受予約申込書」を当行にFAX送信いただくとともに、支払明細データを送信(データ伝送)します。
4 支払明細データに基づき、当行は「併存的債務引受承諾書」を作成し支払企業にFAX送信します。
5 当行は支払明細デ−タに基づいて、仕入先に「対象債権支払予定のお知らせ」をFAX送信します。
6 仕入先が決済日(従来の手形満期日にあたる日)以前に資金を必要とする場合は、下記の2方式により、必要に応じて代金債権の割引を当行に請求できます。
  • 定期割引方式
    あらかじめご指定いただいた毎月一定の日に、ご指定いただいた金額を自動的に資金化して現金振込します。
  • 随時割引方式
    従来の手形交付日から手形満期日の前日までの間に、ご希望に応じて資金化して現金振込します。なお、お申し込みは、貴社のFAXより都度送信いただきます。
7 当行は割引料および振込手数料を差し引いたうえで、仕入先の指定する金融機関宛てに振込を実施します。
8 当行は期日に支払企業から買掛債務引受代金を回収します。
9 当行は債権期日(従来の手形期日)に、振込手数料を控除し仕入先が指定する口座宛て債権期日代金の振込を実施します。

店舗・ATM検索