金融機関コード:0129

ホーム > あしぎんからのお知らせ > 改元に関する対応について

改元に関する対応について

改元に関するQ&A

  Q1 「平成」が記載されている帳票・様式類はそのまま使用できるのか

2019年5月以降も、「平成」表記の帳票類はそのままご利用いただけます。

そのままご使用いただく際には、平成「31」年と表記ください。新元号への訂正も可能ですが、「元」年、「1」年とする際にはQ2の要領でご記入ください。

  Q2 「平成」が記載されている帳票・様式類は訂正印が必要か

「平成」表記の帳票類はそのままご使用いただけますが、お客さまが新元号に訂正する場合は、「平成」に二重線を引き、新元号をご記入ください。訂正印は原則不要です。

  Q3 新元号の帳票・書式を改元後すぐに使用したい

新元号の帳票類をご用意するまで一定のお時間をいただきます。

大変申し訳ございませんが、ご理解いただきますよう、お願い申しあげます。

  Q4 手形・小切手はそのまま使用できるのか

2019年5月以降も、振出日・支払日を問わず、「平成」表記の手形・小切手類はそのままご使用いただけます。

1.改元前に提出された 2019年5月以降を支払日とする「平成」表記の手形・小切手は金融機関にて新元号に読み替えて取扱うため、形式不備となることはありません。

2.改元後に「平成」表記の手形・小切手を振出すことも問題ありません。
「平成」表記でご利用いただく際には、「平成31年」と表記ください。
また、新元号に訂正のうえご使用いただくことも可能です。その場合、訂正印は不要です。

  Q5 「平成」が記載されている手形・小切手は訂正印が必要か

新元号に訂正する必要はございません(「平成」表記のまま使用可能です)。お客さまのご都合で新元号に訂正する場合は、「平成」を二重線で訂正の上、新元号をご記入ください。その場合、訂正印は原則不要です。

  Q6 新元号の手形・小切手を改元後すぐに使用したい

新元号表記の約束手形帳と小切手帳の発行依頼は4月10日(水)より受付を開始いたします。なお、新元号表記の約束手形帳および小切手帳をお客さまへお渡しさせていただくまで相応の期間をいただくことになりますことを、あらかじめご了承願います。

なお、「平成」表記の約束手形帳と小切手帳の発行依頼は4月9日(火)をもって受付を終了させていただきます。

  Q7 官公庁が発行する証明書等に「平成31年5月○日」表示となっているものは使用できるか

当面の間、5月1日以降発行のもので「平成」表示となっているものについては、「平成」を「令和」に読み替えて受付いたします。証明書の有効性に問題ありません。

お問い合わせ

0120-21-6556
平日9:00〜18:00
※銀行休業日は除く

店舗・ATM検索