埼玉県

先進の都市機能と美しい自然が調和する彩の国、埼玉県。その魅力をお伝えします。

ブルーの市町村をクリックすると店舗名が表示されます
本庄市 深谷市 熊谷市 行田市 羽生市 加須市 さいたま市 越谷市 川越市 桶川市 白岡市 春日部市 川口市
浦和
Jリーグ屈指の人気チーム「浦和レッドダイヤモンズ」のホームタウンとして有名な浦和。1967年完成の歴史ある「さいたま市駒場スタジアム」、2002年日韓ワールドカップの会場としても利用された「埼玉スタジアム2002」とさいたま市内に二つのホームスタジアムを有し、試合日はチー厶カラーの赤に身を包んだサポーターたちがスタンドを埋め尽くします。熱狂的で名高いレッズサポーターに囲まれながら、迫力と熱気に満ちたサッカー観戦を楽しんでみては?
大宮
デパートや、飲食店、各種ショップが建ち並び、埼玉県内のみならず、栃木県や群馬県からも多くの買い物客が訪れる県内最大の商業都市です。大宮駅付近にJR東日本の大宮総合車両センターやJR貨物の車両工場があることから、「鉄道の街」としても親しまれ、2007年10月には鉄道の歴史を余すところなく展示した「鉄道博物館」がオープン。いまや、鉄道ファンの聖地として、全国区の街となっています。
春日部
アニメ「クレヨンしんちゃん」の舞台として、おなじみの春日部。歴史ある街としても知られ、江戸時代には「粕壁宿」という名でにぎわったとされています。張子人形や桐箪笥などの伝統工芸品店に立ち寄ってみるもよし。弘法大師のお手植えと伝えられる国の特別天然記念物「牛島の藤」を眺めてみるのもよし。松尾芭蕉も歩いたといわれる日光街道をぶらり歩きながら一句詠んでみるのも、また乙かもしれません。
川越
江戸時代に城下町として栄え、現在でも小江戸と呼ばれている川越。この街を満喫したいなら、ぶらり街歩きがおすすめです。蔵造りの街並みが城下町の風情を残す「川越一番街」や、御影石が敷きつめられた歩道に洋風建物が並び建つ「大正浪漫夢通り」、細い路地に十数軒の菓子店が軒を連ねる「菓子屋横丁」など、ほかの街にはないレトロな雰囲気を味わえます。また、毎年10月には、関東三大祭の一つに数えられている川越の一大イベント「川越氷川祭」(通称、川越まつり)が開催されます。
熊谷
江戸時代には中山道の宿場町として栄え、古くから交通の要衝として発展してきた熊谷。一方で、毎年約70万人の動員を誇る「熊谷うちわ祭」をはじめ、県内で最も歴史ある「熊谷花火大会」、日本さくら名所100選に選ばれている荒川の熊谷桜堤で行われる「熊谷さくら祭」など、年間を通じてたくさんのお祭り・イベントが催されることでも知られています。夏が暑いことで有名な熊谷ですが、実はお祭りごと大好きの“熱い“街でもあるのです。
秩父
山々と渓流に囲まれた秩父では、大自然を活かしたレジャーを楽しむのがおすすめです。丘陵ハイキングやラフティング(ゴムボートを操作し、川を下るスポーツ)で、思いっ切りアクティブに体を動かしましょう。遊び疲れた体を癒してくれる温泉も多数揃っているので、1日で身も心もリフレッシュできるはずです。