人材育成

新入行員の育成

育成体制

新入行員を組織全体で育成することを目的に、 新入行員1人につき、「ジョブコーチ」「メンター」「スキッパー」「管理職」が中心となって指導にあたります。
また日常の業務を通じた教育のことを、 一般的に「OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)」と呼びますが、足利銀行では、各行員が主体的に能力開発に取組んでいってほしいという想いを込め「OJD(オン・ザ・ジョブ・デベロップメント)」と名付けました。
育成体制

研修内容

社会人としてのマナーや金融の基礎知識をしっかり習得できるよう、新入行員には幅広い分野の研修を用意しています。

主な研修
全行員が一斉に受講
導入研修、預金基礎研修、 得意先随行訪問、新入行員地区別講座など
営業研修
預金業務研修、トレーニー研修(テラー・ロビーアシスタント・CAなど)
融資研修
融資業務研修、トレーニー研修(法人取引基礎・ローンなど)
その他
「証券外務員会員二種・一種」「生命保険(一般)」 「生命保険(専門・変額)」「損害保険」についての
資格取得に関してもサポートしています。

若手行員の育成

入行1~2年目において、より実践的な教育カリキュラムを取り入れ早期育成の強化を図ることで、
中長期的に足利銀行を担える人材の育成を目指しています。

女性活躍推進

厚生労働省がポジティブアクション(女性社員の活躍促進)の積極的な取組みを推奨しておりますが、当行においても中期経営計画における「人材力の強化に掲げる『女性の活躍機会の拡大』を強化」していく施策を展開しております。
当行では「女性が活躍できる職場作りプロジェクトチーム」を立ち上げ、女性の活躍を広げるさまざまな取組みを継続して行い、1人ひとりが能力を発揮し、誇りと喜びを持っていきいきと働くことのできる職場環境の実現につとめてまいります。
成果としては、『半日休暇』(授業参観など子供の行事に利用できる)の導入や、結婚・出産・育児等で一度退職された方の『再雇用制度』、そして育児・介護をしながら働く職員が、本人希望により職位を一旦下げ、期間経過後(育児・介護終了後)に職位を戻すことができる『職位復職制度』などがあります。