金融機関コード:0129

ホーム > 地域への取組み > 環境 > 森林保全

地域への取組み 【環境】  森林保全


『あしぎんの森』の創設

平成23年12月、栃木県、矢板市と「企業等の森づくりに関する協定」を締結し、栃木県県民の森(矢板市)に『あしぎんの森』(0.49ha)を創設いたしました。(平成24年4月21日および平成25年4月20日に植樹活動を実施)

『あしぎんの森』は、県民の森の駐車場および遊具の設置されている広場に隣接していますので、県民の皆さまに親しんでいただけるよう、ヤマザクラやモミジなどの広葉樹を植樹し、四季折々の自然の美しさを感じることのできる森づくりを目指してまいります。

『あしぎんの森』の創設

あしぎんの森
『あしぎんの森』づくりについてはこちら

関連サイト:(ニュースリリース)

平成29年3月24日 別ウィンドウでPDFファイルが開きます。 「あしぎんの森」における森林整備活動の継続について

平成23年11月22日 別ウィンドウでPDFファイルが開きます。 「あしぎんの森」の創設について



日光杉並木保護への取組み

足利銀行では、世界に誇る日光杉並木を守るため栃木県が行っている、「日光杉並木オーナー制度」に賛同し、制度が開始された平成8年よりオーナーとなっております。その後、継続的に購入を行い、平成27年2月現在、一団体としては最多の80本(1本10,000千円)の杉を保有しております。

なお、杉の購入代金は、栃木県が「日光杉並木街道保護基金」で運用しており、その運用益は、並木杉の樹勢回復事業や杉並木保護の普及広報事業といった保護事業に活用されています。

また、「日光杉並木オーナー制度」への協力だけでなく、清掃活動等へも参加し、杉並木の保護活動も積極的に行っております。

日光杉並木保護への取組み

関連サイト:(ニュースリリース)

平成27年3月2日 別ウィンドウでPDFファイルが開きます。 「日光杉並木の購入について」



足尾での植樹活動

平成30年5月、NPO法人「足尾に緑を育てる会」の協力のもと、公害で荒廃した足尾の山にエゴノキとイチョウの苗574本を植樹しました。

足尾の山への植樹活動は、例年行われており30年度についても、新入行員と栃木県産業協議会の会員企業新入社員総勢280名が参加しました。

足尾の山に緑を取り戻すには100年以上かかると言われています。当行では、今後も環境保全に取り組んでまいります。

足尾での植樹活動の模様

足尾での植樹活動の模様


日本の森を守る地方銀行有志の会への参加

各地方銀行の森づくり活動の情報をネットワーク化することにより、国土の7割を占める日本の森を守る活動を支援していくことを目的とした「日本の森を守る地方銀行有志の会」に参加しております。

平成30年6月、同会の設立10周年を記念し、矢板市県民の森にある『あしぎんの森』にて記念植樹を行いました。

日本の森を守る地方銀行有志の会ロゴマーク 『あしぎんの森』記念植樹の模様

お問い合わせ

0120-21-6556
平日9:00〜18:00
※銀行休業日は除く

店舗・ATM検索