BANKER それぞれの挑戦ストーリー

リテール渉外 係長
(平成26年入行)

上林 佑輔 Kamibayashi Yusuke

My Challenge

多くの出会いと対話を通して、人間力を磨く

My Challenge

多くの出会いと対話を通して、人間力を磨く

誠実に向き合い、
現在と将来の話に傾聴する

大学を出るまで栃木県で育ちましたので、やはり地元に貢献できる仕事がしたいと思い、足利銀行を志望しました。法人、個人の渉外を担当して以来、法人融資や資産運用のご案内をしています。法人のお客さまは、大半が中小企業の経営者です。融資をするかしないかは、もちろん私一人の判断で決まるものではありませんが、決算書などの業績だけでなく、経営者の考え方、経営ビジョンが大事な材料になります。その意味で私自身がじっくりとお客さまと向き合い、会社の良いところ、融資によって実現すること、将来の見通しを深く理解することが大切です。何より誠実な姿勢で話を伺っています。このことは、個人のお客さまに対しても同じですね。金融商品を一方的に勧めるのではなく、今の生活と将来のこと、お悩みなどを伺ったうえで状況に合った商品を提案することが長く続く信頼につながると考えています。

胸に残る
「担当が上林さんでよかった」
の一言

設備投資のための融資の中でも「建築資金」は、何もないところに建物が出来上がっていくという、結果が形として見える資金であるため、担当としては嬉しいものです。以前、民間の保育園を新築するための融資を担当しました。建物が完成し、子どもたちが初めて登園するところに立ち会わせていただいたことがあります。それまで取引もなく初めての融資案件だったその保育園の理事長が、園庭で私と一緒に建物を眺めながら言ってくださった言葉。「担当が上林さんでよかった。ありがとう」。これは非常にうれしかったです。法人渉外の仕事は、私のような若輩でも経営トップの方と膝詰めで話ができるところが魅力だと思います。このようなうれしい言葉を頂戴したり、経営の率直な話を聞くことができます。経験豊富な皆さまとの対話から多くのことを学び、人間力を磨き、信頼される行員へと成長していきたいですね。

私のこれまでのチャレンジ

  • 幼少期~小学校時代

    サッカー、水泳、ピアノ…
    そして小5から野球少年に

    小さいころはサッカー、水泳、ピアノと習い事をいろいろとやっていましたが、小学校5年生から始めた野球が楽しくてはまり、技術レベルもどんどん上がっていきました。中学に上がるころには完全に本気モード。鹿沼のボーイズリーグへの入団を自分で決めました。

  • 中学・高校時代

    エースとして甲子園出場を懸けた
    運命の決勝戦

    中学からは毎日必死で野球に打ち込みました。高校の進路を考える時、甲子園常連の私学名門から誘いを受けました。ただ自分は県立高校で指揮をとられていた監督の熱意に心が動き、その高校から甲子園を目指しました。最後の夏、背番号1を背負って戦い、決勝に進みましたが、甲子園はあと一歩届きませんでした。

  • 大学時代

    野球を通して学んだことが
    今の仕事に生かされている

    大学でも就活前まで野球を続けていました。プロが6、7人くらい出ているような大学でした。野球を通して学んだことはたくさんあります。礼儀作法、上下関係、厳しい練習を毎日続ける大切さ。何よりメンタル面が強くなり、今の仕事に活きていると思います。

Page Top