BANKER それぞれの挑戦ストーリー

法人渉外 係長
(平成25年入行)

阿久津 英亮 Akutsu Eisuke

My Challenge

情報力とチームワークで、経営を支える

My Challenge

情報力とチームワークで、経営を支える

会社経営を取り巻く
さまざまな課題に対応

私は本部のビジネスソリューション営業部に所属していますが、営業店に常駐して法人を中心に営業活動をしています。新規開拓のほかに、営業店の行員とともにお客さまを訪問して経営課題をお伺いし、本部の専門機能を活用しながら、解決に向けた支援を行っています。経営者の皆さまが抱えていらっしゃる課題は、資金調達やコストなどの財務関連から事業計画、労務管理、事業承継、そのほか業種特有の課題など多岐に渡ります。難しい局面を一網打尽というわけにはいきませんが、めぶきフィナンシャルグループの情報力とネットワークを駆使することで改善につながる提案ができます。企業同士のマッチング、専門家のご紹介、人手が足りない会社には当行で行っている人材紹介業務を利用したご提案や人材派遣企業の紹介など、解決の糸口を見出せる提案に努めています。またお客さまからは言い出しにくいデリケートな課題も少なからずあります。こちらからも投げかけていくことが必要ですが、それゆえに信頼関係が必須だと思っています。つねに経営状況を把握し、お客さまと正面から向き合う姿勢が大切ですね。

業績向上という目に見える成果に
喜びを感じる

コンサルティングの側面が強い業務のため、幅広い専門知識が求められます。日々の勉強は欠かせません。ただ、自分の持つ知識や情報のみで、お客さまに提案しないことも心がけています。専門的な知識や豊富な経験を持つ先輩方がたくさんいらっしゃるので、わからないことがあれば相談して、帯同していただくようにしています。行員間でチームワークを発揮して対応した方が、お客さまにより早く正確なアドバイスができるというメリットがあるからです。この仕事をしていて良かったと思う瞬間はたくさんありますが、一番はやはり自分が関わった会社の決算内容が良くなったり、事業拡大に成功して業績が向上した時ですね。目に見える成果としてお客さまのお役に立てたと実感でき、本当にうれしいですね。今は先輩方の力をお借りしていますが、将来的には同僚や後輩に助言したり牽引できる存在になりたいです。そのためにも多くのお客さまを担当して、宿題をいただき、難しい課題に挑む経験を積んでいきたいと思っています。

私のこれまでのチャレンジ

  • 幼少期~小学校時代

    いろいろなスポーツに挑戦した
    好奇心旺盛な幼少時代

    子どもの頃から体を動かすのが好きだったので、サッカー、野球、水泳など、スポーツを幅広くやっていました。何か一つのことに熱中するというよりも、いろいろなことに興味を持ち、活発に過ごしていたと思います。

  • 中学・高校時代

    憧れのバスケ部に入部して
    強豪校に立ち向かう6年間

    愛読していた漫画の影響で、憧れていたバスケットボール部に入部。中学・高校と部活動に励みました。栃木県は強豪校が競う激戦地域だったこともあり、私たちは予選大会レベル。関東大会には出場できませんでしたが、6年間続けることができて満足しています。

  • 大学時代

    大学1年からゼミで学び
    3年次にはゼミ大会にも出場

    1年次からマーケティングのゼミに入って、自ら課題に取り組みました。3年次にはゼミ大会に出場し、自分で考えた商品のマーケティング方法をテーマに、プレゼンテーションに挑みました。資料作りや発表準備に向けてかなり奮闘しましたね。

Page Top