BANKER それぞれの挑戦ストーリー

融資渉外 代理
(平成22年入行)

松本 友宏 Matsumoto Tomohiro

My Challenge

周囲を生かすことで、仕事の質を一段高める

My Challenge

周囲を生かすことで、仕事の質を一段高める

支援に携わった会社が
伸びていく姿にやりがい

主に地元の企業や商店に必要な資金をお貸しし、経営を支援していくのが私の担当業務です。融資だけでなく経営改善につながる提言や様々なサポートを行います。業績が低迷していたり、いまひとつ安定基調に乗れない会社もありますが、ネックになっている部分はどこか、改善には何をどうすればよいかを経営者の方と話し合います。会社経営について立ち入った話をするわけですから、そこは真剣勝負です。お客さまと真摯に向き合い、難局を打開する道を知恵と根気を絞って考える。そういう気概は必要だと思います。長年業績が良くなかった金属加工会社が回復傾向になり、ここで反転攻勢をかけるため新設備を導入したいという事案がありました。そこで私が再建計画に携わり融資を行った結果、新設備導入後、予想以上に好転していきました。支援に関わった会社が力強く上向いていく姿を見られるのは何より嬉しいことです。

「頭取表彰」を2度獲得、
今後は部下育成も

ありがたいことに私はこれまで「頭取表彰」を2度いただきました。1度目はローンセンターに所属した際の住宅ローン実績。そして2度目はこの融資グループでの法人融資実績なのですが、こちらは特に力を貸していただける周りの支えが大きく、みんなで獲った表彰だと思っています。私はお客さまとの信頼を築くにはできるだけ部署内、あるいは行内の連携を十分活用して対応力を最大化することが有効だと考えています。例えばお客さまからの相談に対して、私一人で対処するより専門の人に同行してもらうことで解決の糸口が見つけやすくなることもあります。課題を明確化できれば次回からは自分が主導で進められます。周りを生かすことで自分も生きる仕事が理想です。銀行では管理職のことを役席といいますが、私は役席になったばかり。自分の能力アップと同時に後輩指導、部下育成にも力を入れてながらお客さまを支えられる仕事を続けていきたいですね。

私のこれまでのチャレンジ

  • 幼少期~小学校時代

    実家が道場という環境
    幼稚園児にして柔の道へ

    実家が柔道の道場を開いていて、その影響で幼稚園の年長くらいから高校まで、ずっと柔道をやっていました。かなり特殊な環境ですよね。指導者である父に柔道の技と心をみっちり教え込まれました。現在道場は、叔父が継いでいます。

  • 中学・高校時代

    週3で道場通い黒帯になるも
    怪我で断念

    週3回は道場に通い、稽古に汗を流す日々を送りました。黒帯でしたが高校生のときに怪我をして、そこから思うように稽古に取り組めず最終的に初段で終わりました。でも幼い頃から挑戦してきたことと聞かれれば、迷うことなく柔道です。柔道から学んだことはたくさんありますね。

  • 大学時代

    大学生活を謳歌しつつ将来を模索
    経済知識を活かせる分野へ

    怪我をしたこともあり大学では柔道を続けず、東京での大学生活を楽しみました。大学の専攻である経済学の勉強は頑張った方だと思います。3年生の冬頃には経済知識を活かせる仕事に就きたいと考えていました。足利銀行を志望したのもその頃です。

Page Top