BANKER それぞれの挑戦ストーリー

営業推進部 代理
(平成22年入行)

岡本 惇 Okamoto Atsushi

My Challenge

何でも相談したくなる、頼られる存在になる

My Challenge

何でも相談したくなる、頼られる存在になる

お客さまの課題をともに
解決していく仕事

本部で「事業性評価」を担当しています。評価と聞くと事業に優劣を付けたりランク付けするような仕事に思われがちですが、そうではありません。法人のお客さまがどうしたらより成長できるのか、課題を一緒に見つけ解決策を考える業務です。日々お客さまと接している営業店から上がってくる事案を共有化し、本部のノウハウ、ネットワークを活かして改善策を提案します。取り扱う業種はざまざまですが、課題として多いのは、売上を伸ばすための販路拡大、技術力の向上、調達(仕入先)の改善などです。いずれも事業の根幹に関わる部分ですが、銀行に集まる情報や外部との連携によって有効な支援につながることもあります。ビジネスマッチングや海外進出支援などは、お客さまの潜在的な強みを引き出し、大きく飛躍する機会になります。銀行の仕事は資金支援だけではないことを実感しています。

※外部連携:技術的なノウハウや専門の人脈を幅広く持つ産業振興センターやコンサルティング会社などをご紹介する取り組み。

現場で養った感覚は
事業性評価にも生きている

この業務を担当するまで栃木、群馬、埼玉で法人、個人のお客さまを回っていた経験があり、ビジネスソリューション営業部のトレーニーとして法人営業のノウハウを勉強していた時期もあります。ですから自分の中にある現場の「肌感覚」が今の業務に活かされることも多いです。私が以前担当した営業圏のマーケット状況や地域性、個別の業界動向などを踏まえて事業性評価の事案に取り組めていると思います。いろいろなお客さまの個別事例を知りつつ、本部としての広い視点で包括的に事案を考えられることが、この業務の特徴ではないでしょうか。今は数多くの事案に関わっていることもあり、直接お客さまと接することは少ないのですが、常にお客さまの目線を大切したいと思っています。何でも相談できる銀行員、岡本に相談すれば何かしらの課題解決に向けての話をしてくれるんじゃないかと思われる存在になりたいですね。

私のこれまでのチャレンジ

  • 幼少期~小学校時代

    友達みんなと協力し合って
    『欽ちゃんの仮装大賞』に挑戦

    小学校6年生のときに卒業記念として、同学年30人でテレビの人気番組『欽ちゃんの全日本仮装大賞』に挑戦しました。その年の干支が「辰」で正月特番だったので、みんなで昇り龍に変身。残念ながら予選落ちし、テレビには出られなかったのですが、とてもいい思い出です。

  • 中学・高校時代

    部活で大好きな野球一筋
    好きなことに打ち込み続けた

    小学校の3、4年生から高校まで、部活はずっと野球一筋でした。ポジションはピッチャー。もちろん甲子園を目指しましたが、最後の夏の地方予選は3回戦で惜敗しました。甲子園は手の届かない遠い夢でしたが、大好きな野球に打ち込み続けた中学・高校時代でした。

  • 大学時代

    社交性を身に付けるためバイトは
    あえて苦手な接客業に

    サークルで野球は続けましたが、大学でチャレンジ精神といえるのは野球よりもアルバイトです。焼肉店など飲食業で働きました。実は当時の自分は社交性に欠ける性格だと思っていて、それを一番鍛えられる接客サービスの伴うアルバイトにあえて挑戦していました。

Page Top