MARKET 足利銀行のマーケット

足利銀行のマーケット

足利銀行が事業活動を展開する栃木県を中心とする北関東は、様々な魅力に溢れたマーケットです。
広大な自然に育まれた農業・酪農、幅広い分野の工業、魅力的な観光地、そして整備された美しい都市。
マーケットの価値を高め、地域を活性化するのが足利銀行の使命です。

発展する工業、農業、観光、都市整備。

栃木県のマーケットは、未来へ向けて進化を続けています。

東京から電車や自動車で約1時間。都内からのアクセスがよく、豊かな自然と肥沃な土壌、穏やかな気候に恵まれた栃木県は、これらの素晴らしい条件を生かし、地域の人々の英知と高度な技術によって発展を遂げてきました。
未来へ向けて農業、工業、観光、都市・インフラ整備など、各産業をいっそう拡充させ、ますます元気で、住みやすい「とちぎ」となるために、地域金融機関である足利銀行が、マーケットで果たす役割は非常に重要です。

北関東の魅力は、無限大。

栃木の隣県には、それぞれの気候、文化、歴史に育まれた産業があり、マーケットは、大きく広がっています。

埼玉県のマーケット

人口は全国5位、県内総生産5位と国内有数の大消費地であり、工業・商業・農業の一大生産地でもある埼玉県。山地が多い秩父地域以外は平地で住みやすく、首都高速・東京外環道・関越・東北・常磐・圏央道など、整備された交通網に沿って首都のベッドタウンとなっています。住民の数も事業者数も多いため、様々な金融商品や目的別ローンのご提案、ご融資や栃木県の事業者とのマッチングなど、銀行機能を発揮できる可能性の大きなマーケットと言えます。

群馬県のマーケット

前橋市、高崎市という北関東屈指の商業都市を抱え、北関東工業地域最大の年間製造品出荷額を誇る太田市を有する群馬県。関越自動車道や北関東自動車道、上越新幹線など公共交通網も整備されています。また農業も非常に盛んで、前橋市の農業産出額は北関東2位。キャベツなど高原野菜の栽培で有名な嬬恋村も群馬県の西端にあります。群馬県は、商工業でさらに成長が予想されるマーケットです。

茨城県のマーケット

農業生産額全国2位、工業製品出荷額全国8位と、産業のバランスがよい茨城県。最先端の科学技術、日本有数のものづくり技術、豊かな農林水産物、整備が進む高速道路や茨城空港などの広域交通基盤を持っています。現在、日本を産業面でリードする「産業大県づくり」に取り組んでおり、さらなる発展が期待されるマーケットです。足利銀行と同じ「めぶきフィナンシャルグループ」の一員である常陽銀行(本店:水戸市)の地元でもあります。

さらなる挑戦

マーケットの活性化と拡大を目指して

足利銀行は、栃木県をはじめとする北関東の地域経済活性化を支援し、マーケットの拡大につなげる使命があります。
以下に紹介する取り組みは、みなさんが銀行の仕事として思い描くイメージとは少し違うものかもしれません。
しかし、こうしたマーケットを広げたり、新しいチャンスを開拓するチャレンジは、決して銀行の特別な取り組みではなく、お客さまとの日々の関係づくりの延長線上にあるものです。お客さまと経営課題の共有を図ることで、活路を開くチャンスを見つけ出し、銀行の機能とネットワークをフルに活用して、新しい成長基盤をつくっていく仕事です。

  • 展示会・商談会でのビジネスマッチング

    商品の販売先や仕入先、製品開発やFC加盟店のパートナーなど、お客さまの事業発展に必要な提携先をご紹介するのがビジネスマッチングです。お客さまの販路拡大に向けた支援として、地方銀行約40行の共同による「地方銀行フードセレクション」や「ものづくり企業展示・商談会」、「とちぎ食と農の展示・商談会」を開催するなど、ビジネスマッチング機会の提供に努めています。このほか、常陽銀行との連携により「ものづくり企業フォーラム」「おいしさつながるフードフェスタ in 宇都宮」、「おいしさ向上品評会 in 水戸」を開催し、統合により拡大したネットワークを活用した事業支援に取り組んでいるほか、「第1回めぶきビジネスアワード」の実施、「めぶき地域創生ファンド」の設立など、支援体制の充実を図っています。

  • 6次産業化に向けたサポート

    農業や林業・漁業などの1次産業者が、生産だけにとどまらず、食品加工等を行う2次産業、流通・販売といった3次産業も一体のビジネスとして手がけることを6次産業(1次+2次+3次)といいます。加工賃や流通マージンなど、従来は2次業者、3次業者が得ていた付加価値を取り込んで、地元の生産者側に高い収益性をもたらします。足利銀行は、栃木県内の農業、製造業の活性化を目的に、6次産業化の成長をサポートしています。

  • お客さまの海外進出支援

    お客さまの海外ビジネスに対する関心が高まっています。グローバル化が急速に進むなかで、優れた製品やサービス、技術を持った地域の中小企業にも海外マーケットに進出するチャンスは大いにあります。足利銀行は、地元企業の海外進出、海外市場の開拓、販路拡大につながる支援として「海外ビジネスマッチング」「海外ビジネスセミナー」などを積極的に行なっています。

  • 産官学連携プロジェクトへの参画

    足利銀行は、地域経済活性化への取り組みとして、官民の連携や宇都宮大学の地域共生研究開発センターとの連携による様々なプロジェクトの推進活動に関わっています。アプローチは、「食と農」「企業誘致」「観光」「再生可能エネルギー」「海外展開(販路・事業拡大)」「PFI事業」など、多彩です。足利銀行がプロジェクトの内容に応じて地元企業をはじめ、県や地方公共団体、大学等をコーディネートし、地域産業の拡大、新しい事業の立ち上げに向けた情報交換、調査研究、ビジネスマッチング、資金計画、運営支援といった場面で積極的に関与しています。

  • 好調な投資信託販売、資産運用営業の強化

    足利銀行は、地域内の65歳以上の方の増加を踏まえて必要とされるサービスの拡充を図り、お客さまとのお取引拡大につなげています。シニア世代を中心とした資産運用営業の強化として取り組んでいるのが、投資信託の販売です。個人のお客さまの投資信託残高は、4年連続で増加しており、平成30年度の投資信託保有先数は11万件、残高は4,200億円と高い水準にあります。また超低金利時代の今、預金だけでの資産づくりが難しいため、若い方が将来の生活に備えて投資信託を始められるケースも増えています。足利銀行は、投資信託の販売を含めた資産運用営業力の強化に向けて、コンサルティング人材の育成にも力を入れています。

Page Top