つみたてNISA

「つみたてNISA」ってなに?

2018年1月から投資可能となる少額投資非課税制度のことをいいます。
非課税口座を開設し、一定の要件を満たす「公募株式投信」と「ETF」に投資できます。

  • 足利銀行では「公募株式投信」のみの取扱いとなります。

NISA(一般NISA)と同様に、「配当所得」と「譲渡所得」が非課税扱いになります。
NISA(一般NISA)との併用はできません。年ごとに「つみたてNISA」 と「NISA(一般NISA)」のどちらかを選択いただきます。

「つみたてNISA」のポイント

POINT1日本に住む満20歳以上の方が対象

POINT2投資対象は一定の要件を満たす公募株式投信、ETF

POINT3非課税投資枠は年間40万円まで

POINT4非課税期間は投資した年から20年間

POINT5非課税投資総額は最大800万円

POINT6投資方法(定期的、継続的な買い付け)

POINT7投資可能期間は2018年~2037年

POINT8NISA(一般NISA)との併用は不可

「つみたてNISA」と「NISA(一般NISA)」の違いは?

つみたてNISA NISA(一般NISA)
非課税期間 20年間 5年間
非課税投資枠 年間40万円まで 年間120万円まで
非課税投資総額 最大800万円 最大600万円
投資対象 一定の要件を満たす公募株式投信、ETF 公募株式投信、上場株式等
投資方法 定期的、継続的な買い付け 制限なし
  • 上記は「つみたてNISA」と「NISA(一般NISA)」の代表的な違いの例であり、すべてを示し ているものではありません。

「つみたてNISA」制度のイメージ

<あしぎん>の「つみたてNISA」対象ファンド

投資がはじめての方を含め幅広い世代の長期の資産形成に資する商品として、「投資対象のわかりやすさ」「値動きの安定性」「品質」等をふまえ5つのファンドを選定しました。なお、毎月1,000円から積み立てが可能です。

分類 カテゴリ
商品名
運用会社
ファンドの特色 申込
手数料
信託報酬
(税込)※1
信託財産
留保額※2
インデックス
・ファンド
【日本株式】
たわらノーロード 日経225
【アセットマネジメントOne株式会社】
日経平均株価と連動する投資成果をめざします。 なし 0.187% なし
【先進国株式】
たわらノーロード 先進国株式
【アセットマネジメントOne株式会社】
日本を除く先進国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。 0.10989%
【バランス】
たわらノーロード バランス
(8資産均等型)

【アセットマネジメントOne株式会社】
世界の株式に加え、債券やリートにもバランスよく投資できます。 0.154%
アクティブ
・ファンド
【バランス】
セゾン・バンガード
・グローバルバランスファンド

【セゾン投信株式会社】
バンガードのインデックスファンドを通じて、世界の株式と債券に分散投資します。 0.61%
±0.02%
0.10%
【全世界株式】
セゾン資産形成の達人ファンド
【セゾン投信株式会社】
長期的な視点で個別銘柄の調査を行うファンドへの投資を通じて世界の株式に分散投資します。 1.35%
±0.2%
0.10%
  • 純資産総額に対する年率。投資対象とする投資信託証券の信託報酬等がある場合はそれらを含めて表示しています。
  • 信託財産留保額は基準価額に乗じる率を表示しています。

つみたてNISAに関するQ&A

Q1つみたてNISAの対象商品に、預金は含まれますか?
  • A1
  • 預金は対象商品に含まれません。つみたてNISAの対象商品は、一定の条件を満たす投資信託等になります。
Q2NISA(一般NISA)とつみたてNISAは併用できますか?
  • A2
  • NISA(一般NISA)とつみたてNISAを同一年に併用することはできません。NISA制度のご利用にあたっては、どちらか一方をご選択ください。
Q3すでにNISA(一般NISA)を利用しているのですが、つみたてNISAに切り替えることはできますか?
また、その逆はできますか?
  • A3
  • NISA(一般NISA)とつみたてNISAは年ごとに切り替えることができます。また、NISA制度の利用年において年間非課税投資枠を使用していない場合には、年の途中であっても、NISA(一般NISA)とつみたてNISAの切替は可能です。

つみたてNISA口座開設について

つみたてNISAの口座開設につきましては、最寄りの<あしぎん>窓口にて承っております。

特定口座の開設について詳しく見る

つみたてNISA口座ご利用時の留意事項

  • NISA制度に関する留意事項
    • NISA口座は、原則全ての金融機関等を通じて、1人1口座しか開設できません(金融機関等を変更した場合を除きます)。金融機関等の変更は、一定の手続きのもとで可能ですが、複数の金融機関等でNISA口座を開設した場合でも、各年において1つの口座でしか購入できません。また、NISA口座内の商品を変更後の金融機関等に移管することはできません。
    • 当行のNISA口座では、当行取扱いの国内公募株式投資信託(以下、「株式投資信託」といいます)のみが取扱対象となります。
    • すでに保有している株式投資信託をNISA口座に移すことはできません。
    • 株式投資信託における分配金のうち元本払戻金(特別分配金)は、そもそも非課税であり、NISAによるメリットを享受できません。
    • 株式投資信託における分配金の再投資分は、その年の非課税投資枠の対象となります。
    • 株式投資信託を換金等しても非課税投資枠の再利用はできません。また、非課税投資枠のうち、未使用分を翌年以降に繰り越すこともできません。
    • NISA口座から特定口座や一般口座へ移管する場合、株式投資信託の取得価額は、その時点の時価となります。
    • NISA口座の取引きで損失が発生しても、税務上ないものとされるため、他の課税口座における配当所得および譲渡所得等との損益の通算、損失の繰越控除もできません。
  • つみたてNISA特有の留意事項
    • つみたてNISA口座と一般NISA口座は選択制のため、同一年に両方の適用は受けられません。また、つみたてNISA口座と一般NISA口座を変更する場合は、原則として1年毎(暦年単位)となります。
    • 買付けは定時定額契約によるものとなります。当初買付分と分配金の再投資分を合わせた利用額は年間40万円までであり、40万円を超える場合、超過分は非課税対象になりません。
    • 購入した投資信託の信託報酬等の概算値が、 原則年1回通知されます。
    • 基準経過日(つみたてNISA口座をはじめて開設した日から10年を経過した日、および同日の翌日以後5年を経過した日ごとの日)につみたてNISA口座を開設されたお客さまの氏名・住所を確認します。基準経過日から1年以内に確認ができない場合、つみたてNISA口座が利用できなくなる場合があります。
    • 一般NISA口座と異なり、非課税期間満了後に再度異なる非課税投資枠に移管することはできません。

お問い合わせ

スマイルデスク

お近くの支店のスマイルデスクまでお気軽にお問い合わせください。

お近くの店舗を探す(別ウィンドウで開きます)

あしぎんフリーダイヤル

0120-21-6556

  • 電話番号のお掛け間違いにご注意ください。
    つながらない場合は028-627-8737(通話料有料)

受付時間平日9:00~18:00
※銀行休業日は除く