金融機関コード:0129

分散投資のメリット

より安定した運用を行うために、投資信託のリスク低減の代表的な考え方に「分散投資」があります。それは、ファンドの投資対象の性質を分散させることですべての資産の価値が一度に下落することのないようにするもの。ここでは、その考え方を少しだけご説明しましょう。

分散投資の基本は「組み合わせ」 | 国際分散投資とは | 少しづつ、着々と。それが「時間的分散投資」 |

分散投資の基本は「組み合わせ」

「一つのかごにすべての卵を盛るな」

これは投資信託を説明する際に、よく例に出される有名なことわざです。
一つの資産だけに投資していると、その資産が値下がりしたときに、一度にすべての財産を失う危険性があります。国や業種、値動きなど、性質の異なる資産に幅広く投資することでリスクを低減させる、それが分散投資の基本的な考え方です。

イメージ図

同じ値動きの資産を組み合わせて投資していると、安定した値動きが期待できません。値動きが異なる資産をいくつか組み合わせることで、値動きが相殺され、より安定的な値動きが期待できます。

イメージ図

はじめての方に へ戻る

次へ (国際分散投資とは)


リスクや手数料についてはこちら

別ウィンドウでPDFファイルが開きます。 投資信託のご留意事項