金融機関コード:0129

ホーム > あしぎんについて > 頭取メッセージ

頭取メッセージ

株式会社足利銀行 取締役頭取 松下 正直

株式会社足利銀行 取締役頭取

松下  正直

皆さまには、平素より足利銀行をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

平成28年度のわが国経済は、英国のEU離脱問題や米国の大統領選など海外の政治的要素の影響を強く受けたものの、企業の生産活動や輸出に持ち直しの動きがみられるなど、総じて緩やかな回復基調が続きました。栃木県経済においても、住宅投資や設備投資に持ち直しの動きがみられるなど、景気は緩やかな回復基調が続きました。

このような環境のもと、当行は、中期経営計画「あしぎんWAY」(平成28年度〜平成30年度)に基づき、地域における円滑な金融仲介機能の発揮や、お客さまのニーズに応じた金融サービスの提供に努めてまいりました。あわせて、平成28年10月1日に株式会社常陽銀行との経営統合により発足した株式会社めぶきフィナンシャルグループのもと、統合効果をお客さまに実感いただくための諸施策を展開いたしました。

法人分野におきましては、取引先企業との接点強化を通じて経営課題の共有化はかるとともに、シンジケートローンや私募債、ABL(動産担保融資)等の融資手法の活用もあわせ、円滑な資金供給に取り組みました。また、取引先の販路拡大に向けた支援といたしまして、地方銀行約40行の共同による「地方銀行フードセレクション2016」、「ものづくり企業展示・商談会2016」、「とちぎ食と農の展示・商談会 2017」を開催し、ビジネスマッチング機会の提供に努めました。このほか、常陽銀行との連携により「ものづくり企業フォーラム」、「おいしさつながるフードフェスタin宇都宮」、「おいしさ向上品評会in水戸」を開催し、統合により拡大したネットワークを活用した事業支援に取り組んだほか、「第1回めぶきビジネスアワード」の実施、「めぶき地域創生ファンド」の設立等、支援体制の充実をはかりました。

個人分野におきましては、お客さまのライフイベントに応じた商品・サービスの充実に取り組みました。具体的には、投資信託や保険商品の拡充のほか、投資教育普及の一環としての親子セミナーの開催などの諸施策を展開いたしました。また、常陽証券株式会社(平成29年4月3日付めぶき証券株式会社に商号変更)と提携し、金融商品業務の取扱いを拡大いたしました。

店舗チャネルにつきましては、平成28年4月に川口支店を開設したほか、10月に秩父支店、11月に川越支店をそれぞれ新築移転いたしました。また、インターネット専用支店として「パスカル支店」を開設いたしました。

こうした取組みの結果、平成28年度における当行の当期純利益は業績見通しを上回る264億12百万円となりました。

平成29年度におきましては、中期経営目標に掲げた「基礎体力の強化と統合効果の発揮による地域創生への貢献」の実現を目指し、「外部環境変化を的確にとらえた事業領域のフォーカス」、「密着軸(コンサルティングや事業性評価)による推進強化と機能軸(身近さと便利さの追求)によるお客さまの利便性向上」、「密着軸、機能軸を磨くための経営機能の高度化」に取り組んでまいります。

また、めぶきフィナンシャルグループのもと、「地域の未来を創造する総合金融サービスグループ」の実現に向け、当行及び常陽銀行が長年にわたって築いてきたお客さま、地域とのリレーションを進化させながら、互いの経営資源やノウハウを融合し、統合シナジーのさらなる発現を目指してまいります。

引き続き皆さまのご期待にお応えできるよう、役職員一同全力を尽くしてまいりますので、今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成29年6月


お問い合わせ

0120-21-6556
平日9:00〜18:00
※銀行休業日は除く

店舗・ATM検索