金融機関コード:0129

ホーム > かりる > 住宅ローン > セカンドハウスローンリフォームローン > 8つの疾病保障について

8つの疾病保障

8つの疾病保障は、住宅ローン「暮らし上手」、リフォームローン「住まい快適」、セカンドハウスローンを、新たにお借入れいただく方がご加入いただけます。

保険料ご負担ゼロ!!

8つの疾病保障にご加入いただくにあたり、保険料をお支払いいただいたり、ご融資利率に金利が上乗せされることはありません。

ご加入いただける方

ガン(悪性新生物)と診断されたら、ローン残高が0円になります。

初期のガン(悪性新生物)でもローンは0円に。
保障開始日以降に、生まれて初めてガン(悪性新生物)にかかり、医師により診断確定された場合、進行程度にかかわりなく、診断確定時点のローン残高相当額をお支払いします。

治った後もローン0円のまま。
診断給付金が支払われた後に、病気が完治した場合も、診断給付金をお返しいただく必要はありません。

※ご注意ください!
【皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚ガン】および【上皮内ガン(上皮内新生物)】は保障対象外となります。
上皮内ガン(上皮内新生物)には、大腸の粘膜内ガン、膀胱や尿路、乳管等の非浸潤ガンを含みます。

【住宅ローンの場合】  ※ローン実行日から90日間は、保障の対象となりません。保障開始日以降に、生まれて初めてガン(悪性新生物)にかかり、医師により診断確定された場合の返済イメージ図

脳卒中(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)、急性心筋梗塞で所定の状態(※1)が60日以上継続したら、ローン残高が2分の1になります。

保障開始日以降に、脳卒中、急性心筋梗塞により、

  1. 1.就業不能状態(※2)が継続した場合、最長2ヵ月間のローン返済額をお支払いします。
    ※ご注意ください!
    ・ 約定返済日まで就業不能状態(※2)が継続することが必要です。
    ・ ローン借入期間を通算して36ヵ月分をお支払い限度とします。
  2. 初めて医師の診療を受けた日から、その日を含めて60日以上、所定の状態(※1)が継続したと医師により診断された場合、診断時点のローン残高2分の1相当額をお支払いします。

【住宅ローンの場合】  ※ローン実行日から3ヵ月間は、保障の対象となりません。保障開始日以降に、脳卒中、急性心筋梗塞により、就業不能状態(※2)が継続した場合の返済イメージ図

5つの重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)もさらに保障します。

保障開始日以降に、5つの重度慢性疾患で就業不能状態(※2)となり

  1. 1.就業不能状態(※2)が継続した場合、就業不能状態(※2)である期間中のローン返済額を最長12ヵ月間お支払いします。
    ※ご注意ください!
    ・ 約定返済日まで就業不能状態(※2)が継続することが必要です。
    ・ ローン借入期間を通算して36ヵ月分をお支払い限度とします。
  2. 就業不能状態(※2)が12ヵ月間継続した場合、12ヵ月経過時点のローン残高相当額をお支払いします。

【住宅ローンの場合】  ※ローン実行日から3ヵ月間は、保障の対象となりません。保障開始日以降に、5つの重度慢性疾患で就業不能状態(※2)となり就業不能状態(※2)が継続した場合の返済イメージ図

死亡または、所定の高度障害状態に該当されたらローン残高が0円になります。

ローン返済期間中に死亡または所定の高度障害状態に該当した場合、団体信用生命保険の保険金により、ローン残高をお支払いします。

※ご注意ください!

  • お借入金額が5,000万円を超えるときは、保険会社所定の診断書が必要になります。
  • 保険金・診断給付金が支払われる場合であっても、利息の一部等をご負担いただく場合があります。
  • ご加入にあたっては、「被保険者のしおり」に記載の「契約概要」および「注意喚起情報」を必ずご確認ください。
  • ローンが契約にいたらなかった場合には、保障の対象になりません。

ガン保障特約(団体信用生命保険特定疾病保障特約U型)はカーディフ生命保険株式会社の引受け、脳卒中・急性心筋梗塞保障特約(急性心筋梗塞および脳卒中のみ担保特約・急性心筋梗塞診断給付金特約・脳卒中診断給付金特約付帯就業不能信用費用保険および5つの重度慢性疾患保障特約(重度慢性疾患のみ担保特約・債務繰上返済支援特約付帯就業不能信用費用保険))はカーディフ損害保険株式会社の引受けとなります。

8つの疾病保障の概要はこちら

土・日もご利用いただけるお近くの店舗を探す

お問い合わせ

0120-21-6556
平日9:00〜18:00
※銀行休業日は除く

店舗・ATM検索