地域の豊かさをつくる人々
「あしぎん」という仕事
地域、人、会社はつながっている。地元企業の元気が、豊かさをつくる
知久 仁至
Chiku Hitoshi

カスタマーアドバイザー(CA)(2018年入行)
兄が銀行員だった影響もあり、銀行の仕事はイメージを持ちやすく就職活動は早くから銀行を含めた金融機関に的を絞っていた。地元を離れて東京の大学で学んでいるうちに、生まれ育った栃木県に帰り行員として地域に貢献したいと考えるようになり、馴染みのある足利銀行への志望を決めた。

現在の仕事
WORK SCENE
業務風景
お客さまの今と将来にとっての最適な資産計画を提案する

CAとして個人営業を担当しています。当行では「ライフプランコンサルティング」といいますが、お客さまの現在と将来の生活にとって最適な資産づくりのご提案を行うのがCAの仕事です。預金だけでなく保険、年金、投資信託、株式投資など取り扱う金融商品は幅広く、税金や不動産、相続のことまでご相談内容も多岐に渡ります。商品知識や業務に関連する法律など、常に勉強が欠かせません。提案にあたっては金利や為替と株の値動きなど変動相場も影響しますので市場のチェックも必須です。CAになったばかりのころは知識が全然追いつかず、ご説明の際は不安と焦りで額から汗が出てきたことを思い出します。とにかく「明るく元気に」をモットーにお客さまと接し、わからないことは持ち帰ってできるだけ早くご回答するようにしていました。未熟でしたが、それでもご契約をいただき、口座をつくってくださるお客さまもいらして非常にうれしかったです。場数を踏み、慣れてはきましたが、それでも初めてのご訪問時は今でも緊張します。

今後の展望MY VISION
業務風景

真に価値ある提案は、
確かな関係づくりから

営業訪問は必ずアポを取り、午前から夕方までにお客さまのご自宅を回ります。日中ですから主婦の方やご年配の方が中心です。気をつけているのは、「セールスマンが来た」という印象を与えないこと。最初からお客さまの資産や金融商品の話を切り出すのではなく、世間話から始めて徐々にご家族の話をお伺いするなど時間をかけて進めていくことが大切です。私は以前、茨城県の営業店でCAをしていた時期がありますが栃木県内と比べると当行の知名度は低く、営業圏として見れば“アウェー”の環境でした。だからこそ少しずつお客さまとの距離を縮めながら信頼関係をつくることが重要で、その経験が今に生きています。お金や資産に対する考え方は人ぞれぞれです。CAは運用のプロですが、価値観をお客さまに押し付けることがあってはいけません。例えば誰もがお金を増やしたいと考えている訳でもありません。備える、増やす、遺すなど多様な使途がある中で、じっくりとお客さまのお考えを伺い、本当に喜んでいただける提案を行っていきたいと思います。

FAQ

Q. 主な一日のスケジュールは?

08:30 出勤
08:45 部内のミーティング
09:30 個人営業 個人宅に訪問
12:00 支店に戻り書類作成、営業用の手紙作成
13:00 ランチ・昼休み
14:00 午後の営業活動
17:00 書類作成、翌日のアポ、日報など
18:00 退勤


Q. 休日の過ごし方やリフレッシュ方法は?

元来アウトドアな人間で、休みがあったら色々なところへ出かけたくなるタイプです。それがコロナ禍で自宅にこもりインターネット動画や映画を観て過ごす時間が増え、リフレッシュの仕方が変わりました。でもコロナが収まったら、また旅行を楽しみたいなと思っています。


Q. あしぎんは、どんな会社?

働きやすい会社です。銀行は堅いイメージがあるかもしれませんが、当行はそれほど堅苦しくなく、営業店も働く雰囲気としては、わりとアットホームだと思います。私は入行してから3か店を経験しましたが、働きやすさはどこの営業店も共通していますね。また地域に根ざしている銀行なので、お客さまに必要とされていることも実感します。

FAQ
「あしぎん」という仕事