足利銀行について
業務紹介

一つひとつの仕事に心を込めて対応する

ひとことで銀行業務と言っても、とても幅広く様々な部門・部署に分かれています。
また部署の中でもそれぞれの役割があり、行員が個々の仕事を担いながら、
部門内、他グループ、他部門と連携しあって動いていくのが銀行業務です。
すべての基本は、一つひとつの仕事に心を込めて対応すること。
ここでは足利銀行の行員は、日々どんな業務を行なっているのか、
皆さんが入行して配属された支店(営業店)ではどんな業務を担当するのかをご紹介します。

銀行業務は大きく4つの業務に分けられます

得意先グループ

専門的な金融知識と対話によってお客さまの信頼を得るのが、得意先グループの役割です。
足利銀行は、地域の総合金融機関として、地域社会のすべての人々の豊かさの創造に寄与しつづけます。

【主な業務】
個人や法人のお客さまを訪問し、資金面の運用・調達をご提案
お客さまへ有効な情報をご提供する「情報営業」
新規取引先の開拓
投資信託・国際・各種保険商品など、お客様の資産運用をサポートするCA(カスタマーアドバイザー)

営業グループ

各営業店において預金関係を中心とした業務を行うのが、営業グループです。
足利銀行は、地域の総合金融機関として、地域社会のすべての人々の豊かさの創造に寄与しつづけます。

【主な業務】
営業店の窓口業務
普通預金や定期預金などの預金関係業務

融資グループ

ご融資する資金がお客さまのお役に立てるかどうかを審査するのが、融資グループの役割です。
足利銀行は、地域の総合金融機関として、地域社会のすべての人々の豊かさの創造に寄与しつづけます。

【主な業務】
融資の審査・取引先の将来や業界の方向性を見定めた財務面のアドバイス
お客さまが進行しているプロジェクト等の進捗状況の確認
協議書類の作成

本部

銀行全体の経営計画や営業推進などの企画・管理を行うのが、本部です。
足利銀行は、地域の総合金融機関として、地域社会のすべての人々の豊かさの創造に寄与しつづけます。

【主な業務】
お客さまのニーズを反映する商品開発
各営業店との連携によるお客さま満足のための施策や営業支援
人材育成のための様々な研修の企画や運営

地域のお客さまとつながる幅広い仕事があります
※行員をクリックすると、具体的な業務の説明がご覧いただけます。