外貨預金の基礎知識

外貨預金は日本円を米ドルとユーロなどの外貨に交換するなどして、預入れる預金です。円高で預け、円安で払出すのがポイント。円の預金と同じように「外貨普通預金」や「外貨定期預金」といった種類があります。

基本的な仕組みは一般の円預金と大きく変わりませんが、適用される金利が各種通貨により異なること、為替相場の変動により払戻し時の円貨額が預入れ時の円貨額を下回るおそれがあること、預入れや払出しなど円貨と外貨を交換する際にはそれぞれ為替手数料が発生するなど、円預金とは異なる点がいくつもあります。

金利

外貨預金の金利は、外国通貨の金融市場の動向によって決定するため、日本円の金利とは異なる金利が付されます。

各通貨の金利は「預金金利」にてご確認ください。

為替相場

日本円から外国通貨に換えて預入れた場合、払出時の為替相場により円貨額が預入時より増えること(為替差益)もあれば、減ってしまい元本割れになること(為替差損)もあります。

為替相場イメージA
為替相場イメージB

為替手数料

円を外貨に預入れる際、または外貨を円に払出す際には「為替手数料」がかかります。

円を外貨預金に預入れるレート:TTS(対顧客電信売相場)  仲値+為替手数料
外貨預金から円に払出すレート:TTB(対顧客電信買相場)  仲値-為替手数料

為替手数料イメージ

お問い合わせ

店頭でのお問い合わせ・ご相談

お近くの店舗を探す(別ウィンドウで開きます)

あしぎんフリーダイヤル

0120-21-6556

  • 電話番号のお掛け間違いにご注意ください。
    つながらない場合は028-627-8737(通話料有料)

受付時間平日9:00~17:00
※銀行休業日は除く