投資信託のしくみ

投資信託はリスクが大きいのでは…元本が保証されないのは不安…
このような心配をされている方が多いようです。投資信託は、プロの情報と経験を活かして運用するさまざまな種類の金融商品。資産運用の選択肢の一つとしてご検討ください。

経験豊富な専門スタッフが、お客さまに代わって資金を運用します。

投資信託は、お客さまからお預かりした資金を一つにまとめて株式や債券に投資し、その運用成果をお返しする商品です。大勢のお客さまからお預かりした資金は「ファンド」という形でまとめられ、投資の専門家である投資信託会社によって運用されます。資金を一つにまとめることには、個人では難しかった大きな額の投資などが可能になるメリットがあります。なお、運用成果はそれぞれのお客さまの投資額に応じて分配されます。

イメージ図

投資信託に携わる各会社の役割

  • 販売会社(足利銀行) : ファンド購入の窓口としてさまざまなアドバイスを行います。
  • 運用会社 : お客さまからお預かりした資金を実際に運用します。
  • 管理会社(信託銀行) : お客さまの財産を保管・管理します。
  • お客さまが購入したファンドは、販売会社から投資信託会社を経て、信託銀行に信託財産として分別保管されています。
  • 投資信託の販売・運用・管理を担当する会社にもしものことがあっても、信託財産の時価の安全は確保されています。

お問い合わせ

スマイルデスク

お近くの支店のスマイルデスクまでお気軽にお問い合わせください。

お近くの店舗を探す(別ウィンドウで開きます)

あしぎんフリーダイヤル

0120-21-6556

  • 電話番号のお掛け間違いにご注意ください。

受付時間平日9:00~17:00
※銀行休業日は除く